シモキタオープンイノベーションは、平成23年3月31日に経済産業省の地域商店街活性化事業計画の認定を受けた「新たな街の魅力づくり・イベントによる『シモキタオープンイノベーションタウン事業』の実施により生まれた活動・交流・情報発信拠点です。5年間に渡る認定計画は、平成28年3月末で修了しましたが、多くの事業は現在も継続実施中です。事業運営は、株式会社オープンイノベーションが行っています。

下北沢一番街商店街振興組合(ホームページへ)

2

1

「シモキタ オープンイノベーションタウン」事業のスケジュール

111

既存店舗の魅力アップ

11

 地域内外の知と技と心の融合が創出するブランドとして「しもきたブランド」商品の開発を行うとともに、遠方からの買い物客や外国人観光客などの来街者に対応するため、「シモキタ コンシェルジェ」を設置する等、複合的に各種事業を展開し、商店街全体の魅力を高め、既存店舗の魅力アップを支援します。

地域イノベーション

22

 「お宝人材発掘プロジェクト」として、様々な分野で活躍しようとする若手アーティスト等のステージや若手芸術家の作品発表の場を提供します。
 また、子どもから高齢者まで、感性を豊かにする交流を深める場を「寺子屋「感性いちばん塾」」と名付け、展開していきます。

地域活動交流拠点の整備

33

 商店街事務所の空きスペースを活用し、商店街と地域住民、地域外の人々との活動交流・情報発信拠点を整備します。